私の中の1番危険な趣味!

こんばんは。

忙しいお盆も過ぎ、観光地のお客様は、少しずつ少なくなってきています。

こうなって来ると、私達は自分の時間を作れるようになってきます。

 

前回、私はインドア派、と言ったように思えますが、実は私、アウトドアな趣味も持ち合わせています。

 

それは登山です。

登山と言っても色んなスタイルがあると思います。

私の場合、大きな山脈であれば、幾つかのピークを通過するテント泊縦走、そうでない様な山であれば、日帰りで行くこともあります。

山小屋泊も、荷物は少なくて済むし、味があって面白いのですが、なんせ私は貧乏!(笑)

そのお金を惜しんでしまうのです。

新宿の山道具屋で働いてた時に、一通り、最低限の夏山テント泊装備を手に入れましたので、そのハイコストなもの達を使わない手は無いだろう!と考えてしまいます。

 

山に登るとき、いつもなんで来ちゃったんだろうなぁ、帰ろうかなぁ、とぼやきながら、辛くなって来ると、無意味に数を数えながら、とにかくひたすら登ります。

基本はソロ行動です。

鎖場だろうが何だろうが、7割は1人。

場所はどこであろうが、ソロ、ということが危険なのかなぁと考えることもあります。

自分のペースで無理無く行けるメリットはあります。

 

でも人が少ないところで何かあったら・・・

 

そんな不安はいつもです。

本当に「あ、これは準備不足だからやめよう」なんて思って、途中で1日早く切り上げたこともあります。

 

撤退する勇気。

 

山じゃなくても、時には必要なこと、あるかもしれませんね。

夏!

こんばんは。

この辺りの緑は濃くなってきて、まだまだスッキリしない天気が多い中、雨粒の1つ1つを、栄養を得るが如く、どんどん育っています。

 

もうすぐ夏本番ですね。

海に行きたくて仕方ない人も居るでしょう!

あまり水に縁の無い私からすると、海水浴場のイメージは、ナンパしたりされたり、若い子達がキャッキャッしてて、彼氏や彼女と行くよりも・・・という人が密かに居るのではないでしょうかね!

 

なんて悪い想像(笑)。

まぁ、私はもうイイ大人なので(笑)、そんなことは出来ません。

私よりも歳上の彼氏は、もっとそんなこと出来ないでしょう!

私達、老夫婦みたいにインドア派なもので・・・。

 

そう、老夫婦みたいに穏やかに、地味に、動物なんか育てながら、彼とはしっぽりと暮らして行きたい、そう思っています。

 

でも彼はそんなに大きいものは無いにしても、飲食業で何か野望を抱いているみたいです。

動物と言えば、彼は犬派ではありますが、「自分の世話も出来ないのに、動物なんて飼えない。どこも行けなくなる。」と言っています。

生活スタイルも、ほぼ完全に出来上がってきているでしょう。

 

そんな彼に、私はどうやって付いて行けばいいのか。

もうここ数か月、ずっとこの悩みで頭がいっぱいです。

将来を考えるって、なかなかの重労働ですね。

 

疲れちゃったなぁ・・・。

将来の不安

こんばんは。

仕事の方は、夏営業に突入しました。

もう仕事も生活も5年目ですが、なかなか簡単に落ち着くってことが無いようです。

 

この土地に暮らす仲間には、結婚は愚か、恋愛すらしてない方も多いです。

しっかり生活してるかと言えば、そんな人ばかりではありません。

土地柄、自営業、実業家的な人間が大多数です。

 

その反面、一般的な年齢で結婚や出産をしている仲間も多く、特に地元で生まれ育った方々には、そういった方も多い。

 

私は一応、お付き合いしている方が居ますが、この彼も安定した職を捨て、雇われからではありますが、一店舗の店長を任されています。

彼のやりたいこと、生活スタイルに自分が合わせて行く、と言った状況です。

 

とはいえ、私もイイ歳です(笑)。

結婚や出産も考えたい歳です。

今のところ、フルタイムの仕事と、出来る限りのサブのアルバイトもしています。

お休みも、もちろん欲しい。

このまま全力疾走はし続けられません。

 

この土地にもいつまで居られるか、分かりません。

いつまで今の仕事が出来るか、いつまで健康で居られるか、分かりません。

 

母親は元気で居てくれるだろうか。

雪の無いシーズンは、休みであれば、比較的自由に時間を組めるので、都会に住む母親に、毎月のように会いに帰ります。

時々、そのまま戻るのが嫌になることもあります。

 

でも現実が、いつもすぐそこで待ってるんですよね。

 

あーこれ以上は暗くなるので止めます!

もう寝よう!(笑)

穏やかな生活

忙しいゴールデンウィークも終わり、山の営業も今日で終わりです。

例年通り、職場の施設で「お疲れバーベキュー」が行われていますが、私はそう言った集まりは面倒で嫌いなので行きません!(笑)

 

これからのこの辺りは、と言うと、早いものだともう出来るアクティビティはありますが、夏休みシーズンまでは、あまり沢山はいらっしゃいません。

通年この土地に居る人間が、穏やかな生活が出来る季節に突入致しました(笑)。

 

この暇になった時期に、長期休暇をとる仲間も多いです。

ただただお家でダラダラするのもあり。

梅雨まではまだ気持ちのいい日が続くと思うので、そんな晴れた日は、河原でバーベキューだったり、川沿いの、車通りの本当に少ない道路で、ロングスケートのクルージングだったり、ただただお散歩するのも良いかもしれません。

 

山菜の時期でもあります。

知り合いから譲り受けることも多く、ものによっては湯がいておひたしにしたり、スパゲティやうどんの具材にしたり。

中でも1番多いのは、やっぱり天ぷらですね!

何のクセも無く食べられるのものから、ちょっと苦みのある大人好みのものまで。

有名なものですと、ふきのとう、たらの芽あたりですかね。

これ以外にも美味しいのが沢山ありますよー!

 

でも山の中は私有地でもあったりしますので、観光で何処かの山に出向いても、勝手に入って行ったり、むしったりしちゃだめですからね!

山での仕事環境「冬」!

こんにちは。

今日もお休みです。

偶には外に出よう!と、近所のカフェでランチをしています。

 

先日は夏の仕事環境を少しお話ししました。

ついでなので(笑)、冬のことも少しお話ししてみようかと思います。

 

私は山で働いている、と、前の記事を読まれた方はお分かりになったかと思います。

山、と言うと、基本的に寒い、とか、危ない、とか、そんなイメージがある方も居るのではないでしょうか?

危ない、というのは、場所によってはただの誤解です。

ゆっくりぼーっと出来る、昼も夜も綺麗な景色を楽しめる!

そんなイイところもありますよ!

 

少し話がそれましたが、私の職場の環境はどれに当てはまるか、と言うと、とにかく寒い!と言うことです。

寒いだけでなく、雪が降る!積もる!大変!

というのも付いてきます(笑)。

というか、雪が無いと仕事にならないと言う、特殊な環境でもあります。

 

夏のお話を読んだ方はお分かりかと思いますが、職種はその夏と同様、お客様を安全に輸送することが主な係員。

さあ、ピンと来た方はいらっしゃいますか!?

 

安全第一!な職場ではありますが、それに次いで頻度が高い仕事、それは、除雪です。

標高や場所にもよりますが、私の居る辺りは、例年、ハイシーズンで3、4m程度は積もります。

除雪して帰っても、朝にはまた1m積もってるなんてザラです。

体力の消耗は激しいです。

でもお給料安いです!←もっとくれー!(笑)

 

これ以上やるとただの愚痴になりそうなので、今日はここで止めましょうかね(笑)・・・。

山での仕事環境!

おはようございます。

今日はメインの仕事がお休みなので、朝から突然書き始めちゃいました。

 

さて、先日は私は移住者だ、とお話ししました。

山間部の観光地、という、都会の方たちからはとても羨ましがられる環境です。

事実、都会では毎日うだる様な暑さが続く頃、私の職場は日陰で風さえ吹けば肌寒い程です。

もちろん高原の様な場所ですので、陽射しは都会の何倍も強く刺さってきますし、場合によっては、住宅がある山麓エリア、村内は30℃近くにもなります。

ですが、寝苦しい日は、シーズンに2、3度と言ったところです。

 

そんな夏シーズンは6月に入る頃から11月の頭頃まで。

冬は雪深いところですが、春になればお花のじゅうたんが出来るほど!

そこから緑の成長が始まり、ハイシーズンにはうっそうとするほどに成長します。

空気も水もとても美味しいんですよ!

 

お客様が多いのはやはり夏休みシーズン。

お子様連れの方、本当に沢山いらっしゃいます。

 

私の仕事は都会からの避暑に来るお客様、山登りをしに来るお客様を安全に輸送することです。

さあ、どんな仕事か想像がつきますか!?

 

その他村内では、ラフティングやシャワークライミング、最近ではマウンテンバイクも盛んになってまいりました。

どれをとっても殆どが自然を相手にするものなので、お天気等の影響は受けやすいのが難点ですが、アクティビティは沢山あります!

 

この夏は是非、アウトドアアクティビティに挑戦してみてくださいね!

この歳にして新しい夢!

私は34歳の、山間部の村に住んでいる女性です。

 

生まれて30年間、大都会で正社員にもならずに好きなことをやっていましたが、敢えなく挫折。

都会自体が嫌になり、別の趣味を本気でやる為に、今の山間部に移住してきました。

 

実はその趣味も本気ではなくなり(笑)完全な趣味と化し、この土地に定住して、落ち着くことを目指しています。

 

これもある種の「夢」でした。

それを1つ、実現させたということになりますかね!

今はただのローカルの1人になってしまいましたが・・・。

 

仕事も移住も5年目。

様々なことが嫌になってきました。

お給料は安い、その割りに繁忙期は暇がない。

働き方や仕事の種類にも因るのですが、通年通しての仕事は、この土地ではなかなか無いのです。

私の今の仕事には、最低限の保障がある、ということが唯一の救いでしょうか。

 

観光地ですので、繁忙期はどこもかしこも人手不足です。

引く手数多です。

サブのアルバイトには、選ばなければ困りません。

 

でも1日中立ち仕事で、身体を壊したこともあります。

その時は流石にやり過ぎたな、こんなはずじゃなかった、と自覚してました。

 

そこで考えたのが、在宅ワークの様なものでお金を得られないだろうか、ということです。

女性、ということもありますので、いつフルタイムで働けなくなるか分かりませんしね。

 

今はまだヒヨッコですが、少しずつ「ものを書く」ことを始めました。

まだまだ簡単なものしか出来ません。

ですが、将来はこの業界で食べて行けるようになりたい!と思うようになりました。

 

これが今の私の「新しい夢」です。

 

どれくらいやったらなれるでしょうかね・・・(笑)